かぎりなく素直。

学校が始まったら、また宿題をたくさん持ち帰る毎日がはじまりました。

宿題とは言っても、授業で終わらなかったものを家でやるわけなので、しょうがないのです。
よって、授業時間内に終われる子は宿題はなく、終われない子は毎日宿題あり。

当然ですが、のんびりくうま君は、去年に引き続き、毎日宿題あり君。
去年、二回ほど宿題がなかった時、どんなに誇らしげに学校を出てきたことか(爆)
宿題がないと聞いたとき、私がどんなに嬉しかったことかっ(午後の大仕事がないって 苦笑)
それほど、来る日も来る日も授業内に終われない子だったわけです。

そして金曜日のこと。
「今日はくうちゃん、いつもよりがんばったんだけどね、
やることも多かったから、宿題がやっぱりいっぱいになっちゃった」
そっかぁ、頑張ったけど終わらないんじゃしょうがないね。
なんて言いながら宿題をチェック。

プリントは三枚。表裏6ページ。
二枚半にはまったく手が付いてません。
最初の1ページ目の半分だけしか書かれてません。
そこまではね、いつものことなので、諦め半分なわけですが。
その問題を見た瞬間、ブチッとなったわけです。

『20~80までの数のうち、空欄を埋めなさい』

・・・・・・君、ちょっとそこに座りなさい。
朝学校に9時に行って、2時に帰ってくるまでの5時間で、おやつ食べて遊ぶ時間を1時間引いても、4時間あるのよっ。
その間にやったことが、これだけ?
くうちゃん、20~80までの数字書くだけで何時間かかってるわけ????(怒)

この作業をやらなければ、どうやって時間を潰してるのかってくらい、何もやってこない。
2年生になって、この調子じゃ先が思いやられるので、ちょっと厳しく言ってみたりして。

「はい。わかりました。」(←一応神妙)


本当にできないのならしょうがないですけどね。
この問題を仕上げるのに、家でかかった時間、どのくらいだと思います?
わずか4分です。まあ、私なら2分ですが(ってそういう問題じゃないですね)



そして今日。
学校帰りの車の中でくうまは言いました。
「ママ、今日は宿題ちょっとしかないんだよぉ」
えーーーっ、ほんと?くうちゃんやったね!!
今日は頑張ってやったんだね!!!(母喜ぶの図)

「えっとね、くうちゃんが頑張ったんじゃなくてね、今日はやったことが少なかったの

あんまりあっけらかんと言うもんだから、爆笑してしまいましたよ。
ほんと、素直よね。
そしてバカです。
あー、ばかばかばかばか。
ばかすぎてカワイイ。
思わずなでなで。(←懲りない母)

金曜日あんなに怒ったのに、全然覚えてないだろうね、君って(とほほ)



[PR]
by africaespa | 2007-10-02 06:14 | くーま迷言

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa