子供達の名前。

くうまにとても仲の良い友達ができたようです。

なんて名前の子?と聞いたら、
「たいよう君」
と答えました。

他にどんななまえの子とお話しするの?って聞いたら、

難しすぎて、覚えられないんだよ~

らしいです。

スペインだと、カルロスとアントニオとフランシスコって覚えれば、だいたいOKだった昔よりはバリエーション増えたと思うけど、結構聞いたことある名前が多いので、苦労も少ないです。
苗字使わないから、覚えるのは名前だけでいいし。
今回授業参観に行って、机に貼ってある名前を覗き込んでみたら、全部ひらがなで苗字と名前ひと続きな上に、名前が今風で突拍子ないのが多くて、まったく私も覚えられそうにない。
二人いるハーフの男の子のうち、一人の子は名前が長すぎて論外だし。
唯一覚えられたのが「ビンセント君」だから、私達もすでにスペイン脳になっていてるんでしょうかね。
いや、でも昔よりはるかに難しい名前多くないですか?(汗)
[PR]
by africaespa | 2007-05-22 23:37 | ディスカバリー・ジャパン

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa