体育はBマイナス。

先週は春休みで、昨日から3学期がはじまってます。
2学期の終わりに、くうまは成績表をもらいました。
こちらでは、「Bien(良い)」の「B」が「良」の意味です。
最初私は「A.B.C」評価なのかと思ってたので「A」もらえないなぁと思ってたのですが(爆)

さて、今回くうまは体育で「Bマイナス」をもらってしまいました。
担任の先生に聞くと、どうやら「うまくできないから」ではなくて「やろうとしない」からだそうで。
みんながサッカーをやる時でも、くうまだけやろうとしないのだと。

そこで、「」と思いました。
このblogを読んでる方も覚えている人がいるのではないでしょうか。
以前記事にした「体育の授業」。

「先生がね、体育の授業をやりたくない人は何人いますか?って聞くの。
やりたくない人はね、虫探しして遊んでていいことになってるんだよ」



その後何度聞いても、くうまは虫探し組みだったのですが、本人はとても満足で(苦笑)
悪気なんてちっともあるわけがなく。

その話を、担任の先生にしてみました。
体育の授業は選択性だとうちの息子は言っておりましたが・・・。
担任の先生はもう爆笑でひくひく(笑)
私も変だな~とは思ったんですが、ここはスペインだし、そういうのもあるのかと(苦笑)
その場にいなかったから知らないけれど、たぶんパコ(体育の先生)のジョークを、くうまはずーーーっと信じているに違いないということで、意見一致でありました。
くうまは、言われたことを素直にやる子なので、やらなきゃけないなら、そう言ってくれたら、たぶんちゃんとやると思うと先生に言っておきました。

昨日3学期一日目、帰ってきたくうま。
「あのね、今日から、前の授業の本の書き込みが終わってない子はそれを書き込むけど、終わった子は全員サッカーをやるってルールになったんだって。パコがそう言ったの」
だって(爆)
ははは、ちゃんと体育の先生に伝わってるわ(笑)
よかったよかった。これでこの件は解決だね。

純真な子供に本当か嘘かわかんないジョーク言っちゃいかんね(笑)
特に先生は。

私も子供の頃疑わない子だったので、姉によく騙されましたが。
3歳違いの姉は、私にとって天才的に色んなことを知ってる存在で(笑)
ある時はたと思った不思議を姉に聞いてみたことがある。
「どうして人間は卵を食べてるの?あれはヒヨコにならないの?」
ヒヨコになろうがなるまいが、実際人間は食べるのでしょうが、肉がどこから来るか考えたこともなかった幼き頃、最初の疑問が、自分はヒヨコになるべき命を奪ってるのかってことでした。
姉はしたり顔をしてこう言ったのでした。
「バカね。ヒヨコになるのはメスが産んだ卵で、人間が食べてるのはオスが産んだ卵よ」
当時、すごーーーく納得したんですよね(爆)
中学の理科でメンデルの法則を勉強する瞬間まで、そのことについて疑いを持ったこともなかったから恐ろしい(苦笑)
熱いものが食べられない人のことを「猫舌」という、その反対は「犬舌」というと私に教えたのも姉だったのですが、これに疑問を持ったのなんて、大学時代っすよ!
ある時、犬があちちっってなるのを見て、しばらく考え込んでしまったわけで(苦笑)

みなさん、子供に面白いことを言うときは、後で責任を持って訂正しときましょう!(笑)
[PR]
by africaespa | 2007-04-10 19:28 | 子どもの視点

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa