たった一人のお友達。

日本に帰っても、くうまは近所に遊ぶ子が誰もいません。
彼の人生の中で日本の子供とお話をした経験は、圧倒的に少ないです。
その中で唯一、帰国のたびに必ず会う3つ上の女の子のお友達がいます。
e0023086_17572450.jpg

たった一人だけど、くうまにとって誰もいないのとは雲泥の差。
手をつないでくれるようなお友達がいて、よかったとしみじみ。Hちゃんありがと。
私にとっては、生まれたその日から知ってる、その子の成長を見守るのは、親戚のおばちゃんのような気分。成長と年月を感じるごとに、ますます愛着わいてきてます(笑)
今回は、二泊三日で思いっきり遊ばせてあげるはずだったのに、くうま体調不良で一泊になり、しかも、夜の8時には爆睡しちゃって、楽しみにしてた「8時だよ!全員集合」を飽きるまで見るってイベントと、その後ゲーム三昧って予定を全部ふいにし、くうまがっくり(苦笑)
朝からずっと遊んでたから、エネルギー切れちゃったんだろうな。

しかし、「8時だよ!全員集合」がこれほどうけるとはっ。
いやね、私も好きでしたけど。かとちゃんが特に~。
くうまはジム・キャリーを師と崇めてるんですが、ドリフもしっかり加わりました(爆)

んで、私には、毎回ですが今回も、中央線沿線にある好物の「赤天」餃子を10人前用意しててくれ、好きなだけ食べさせていただき(ほぼ大人三人で食べる予定を、一人でがっついたって話もありますが 苦笑)。幸せであった~。
しかし、自分で皮から作るようになると、改めて「赤天」餃子の素晴らしさに頭を下げるなぁ。
あまりの食いっぷりに、一時期この友人宅で私は「ギョウザさん」と呼ばれてたことも(爆)
ところで今回特に特に感動したのが「ざる豆腐の厚揚げ」と「生湯葉」。
私も豆腐好きですからね、唐津まで豆腐屋さんの朝食を食べに行ったこともあるし、京都もくまなく回りましたし、築地の豆腐屋も行き付けだったのですが、その、友人の出してくれたものの美味しさたるや、涙涙涙。
豆乳が生クリームのごとく、とろりとまったりしてるんです。
そして豆の味が甘くてすごーく濃いの。
歩いていける距離の「近所の豆腐屋さん」にこんなに美味しいもんを売ってる所があるなんて、幸せすぎるぅぅ(しっと)
日本には私も親友は一握りですからね。有難い話でありました。今回も感謝。
[PR]
by africaespa | 2007-01-15 19:11 | ディスカバリー・ジャパン

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa