来年もよろしくお願いいたします。

e0023086_6171516.jpg
今年の冬は、日本のクリスマスと大晦日、お正月を体験させてあげたくて、一時帰国します。
大晦日とお正月の「日本的」なことは、私が説明して言いあらわせるもんじゃなく、こればかりは体験しないとわからないでしょうからね。
スペインの年越しは、ぶどう12個を、教会が12時の鐘を12回鳴らす間に食べれば、来る一年幸せに過ごせるというもので、みんなで12個食べ、新年とともにあがる盛大な花火とともに、シャンパンで乾杯という、なかなかオシャレな過ごし方が、どうも物足りない私。
やっぱり、おせち料理をぎりぎりまで作りながら、紅白を聞き、晩御飯食べた後、みんなでわいわい盛り上がり、次々にお風呂に入って今年の垢を流しきり、急いで年越し蕎麦の用意をしてる間に、「行く年来る年」の鐘の音が聞こえてき、蕎麦を食べながら日本全国の除夜の鐘を聞いて。
元旦の朝は、叩き起されて目を覚まし、新年の挨拶、そしてお年玉。
テーブルに鎮座したお重を所狭しと並べて、選り取りみどりから好きなもの選んで食べて、漫才と時代劇を三日間見まくる!うーん、たまらんっ(笑)
これに、コタツがあると最高だったのに、今年はコタツはないんだそうで。うーん残念。

クリスマスだって、絶対日本の方がクリスマス感あると思うし(苦笑)
スペインのクリスマスのメインの日は、1月6日ですからね。プレゼントは6日に東方の三博士からもらうんですからね。
12月の24日は、ただ、家族で食事をするだけで、25日は子供達はプレゼントないのです。
サンタさんはプレゼントくれないのですよ~。
(今は、テレビの影響でプレゼント欲しがる子が多いらしくて、プレゼントくれるサンタさんいるらしいですが)

くうまは、びっくりするんではないかなぁ(私がわくわく)

しかし、冬の東京に帰るのに、服のことをすっかり忘れてました。
こっちは、くうまなんて未だに、家の中じゃ長袖Tシャツ一枚ですからね。
暖房もつけてないし。
一番寒い1月2月だって、長いコートを着る機会ないんです。
今年の冬用のフリースさえ一枚も持ってなかったんで、大慌てで買いに行っちゃいましたよ。
(注:しかしこれは、スペインが冬でも暖かいのではなく、アンダルシアが冬でも暖かいのではなく、コスタ・デル・ソルだからでして、グラナダの街なんぞ今は日中でも5度くらいっす。よくスペインは冬でも寒くないと思っている人がいるので、念のため。私もそう思ってました 苦笑)

e0023086_742861.jpg
キリスト生誕を模したお人形を、クリスマス時期に家に飾るのがスペインの習慣。
これは、ブラジルで買ってきたので、イエスがチョコ色だったりします(笑)


ということで、日本へ行く前に早々にご挨拶させていただきやす。

みなさん、楽しいクリスマス&良い年末年始をお過ごしくださいませっ!
来年もどうぞ、よろしくお願いいたしますっ(ぺこり)



コメントのお返しは、年明けスペインに帰ってきてからになりますが、よろしければコメント残していってくださいませ。
[PR]
by africaespa | 2006-12-14 07:32 | 美味しい生活

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa