クリスマスのサラダ。

e0023086_0544184.jpg
去年のクリスマスで作ったら、むちゃくちゃ美味しかった「トゥロンのサラダ」。

以前にも書きましたが、最初に作った時はオレンジの上にアンチョビ乗っけるのに抵抗あったんですが、今回は皆の驚く(気持ち悪がる)顔が見たくて、喜び勇んで乗せました(笑)
今回も大好評。みんな思い切り驚いてから、美味しい!って食べてくれて、最後にレシピまで聞いてくれたから、大成功よね。満足~。

さて、一年越しになりましたが、レシピです。

オレンジの房の皮を剥き、皿に並べ、アンチョビを縦半分に切り、各房のオレンジに乗せ、
ザクロの実をたっぷり散らし、塩とワインビネガーとEXオリーブオイルをかけます。
アーモンド粉をふりかけて、凍らしておいたトゥロンをピーラーで削りかけてから、イタリアンパセリのみじん切りとペパーミントの葉を散らして、できあがりっ。

グラナダ近辺では、生のオレンジを使うサラダを食べる機会がよくあります。
これがマンダリンでは甘すぎて美味しくない。
オレンジの酸味が、ドレッシングと合うのでしょうね。
ザクロの爽やかな甘み、トゥロンのとろける甘み、オレンジの酸味、アンチョビのコク、ペパーミントのスーッ、オリーブオイルの青くささ、が手をつないでるような味。
e0023086_594271.jpg

トゥロンはスペインのクリスマス菓子で、蜜状にしたお砂糖に、アーモンド粉と卵の黄身を加えて練り上げた、甘い柔らかいお菓子。
日本のお菓子で言うなれば、きな粉を蜜で練った五家宝の皮に近いかなぁ・・・。

こちらでは、オレンジに直接、塩とビネガーとEXオリーブオイルをかけてサラダにします。
トゥロンが複雑みをさらに加えるのですが、なくても充分美味しいので、
是非、お試しくださいませっ。
[PR]
by africaespa | 2006-12-08 05:20 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa