穴子のシチュー。

この記事を書く為に確認してみて、初めて、自分の食べてたものが「穴子」だと知った。
ずーーっと、「うつぼ」と思い込んで料理してたんですけどね。

先日もらった、得体の知れない長ーい魚。
友人のジャネットの旦那さん、アントニオが釣ってきたのだけど、2mほどあって、食べきれないからあげるって、1mくれた(笑)
「congrio(コングリオ)」って言われたけど、これだけ長くてでかくて太くて岩場にいるなら、ウツボかと思っておりましたよ。
穴子は、だってだって、50cm越えても、1m越えない気分だったんだもの。

で、最初はウツボで検索をかけて料理法を考えた。
日本でも局地的にウツボを食べるらしく、その存在はあったけど、レシピを公開するほど一般的でなかったんで、結局面倒になって適当に料理することに。
叩いて生姜を利かせて、卵の白身も混ぜてふわふわ団子にして吸い味に浮かせてみた。
もう一方で、にんにく醤油味の竜田揚げにした。
骨が鬱陶しくて、やたら脂ののった白身の魚で、きっと魚屋で見てもお金出してまでは買わないだろうなって思ったけど、美味しかったです(爆)

で、1mですからね、まだある。
で、今度はスペイン風の食べ方を試みてみることにしました。

こちらでは「cazuela de congrio(カスエラ・デ・コングリオ)」と言います。

e0023086_774257.jpgこれはジャネットが教えてくれたお料理。
くうまがお昼を食べに行って「これは、初めて食べた。美味しいいい!」とのたまい、主のアントニオよりお代わりし、アントニオの皿に入ってた頭を横取りして、喜び勇んでかぶりついたとかとか・・・(赤面)
いやはや、くうまをジャネットの家に預けると武勇伝をいっぱいこさえて帰ってくる(笑)

このcazuelaはスペインのシチューと言えばいいのかな?
穴子よりも、鶏肉やウサギ肉なんかで作る方が一般的かもしれない。
日本の穴子よりでかい、こちらの穴子は、気分的に「アンコウ」で代用できそうでっせ。

で、作り方ですが。
こっちのこういったシチューで、ものすごく特徴的なのが、「アーモンド」を使うこと。
「アーモンド」は、ニンニクと、パンと共に、オリーブオイルで炒めて潰し砕いて使います。
あと、「パプリカ」も多用します。ぱぱっとではなく、ばかっと入れると、美味しそうな色になる。「サフラン」を入れることもあるけれど、「パプリカ」で充分です。

ジャネットに教えてもらった作り方をそのまま載せます。驚かないでねっ(爆)
1) 16粒の生アーモンドをお湯でゆでてから、皮をむいておく。
2) なみなみ入れたオリーブオイルを温めて、2cm大のパンを適当に切ったもの、アーモン
   ド、3粒の形のままのニンニクを、揚げ炒めておく。
3) 生のニンニクを6粒と、黒コショウの粒、塩を細かく潰しておく。
4) 3)の上に、2)を入れて、全部を細かく叩き潰して混ぜておく(ミキサーにかけてもOK)
5) 圧力鍋にオリーブオイルを入れて、じゃが芋中3個、粒のクミンを一掴み弱火にかけて 
   おく。
6) 玉ねぎ半分、赤ピーマン半分、緑のピーマン半分、生のニンニク一粒を微塵切りにして、
   それを5)に入れて混ぜる。
7) それから、4)で叩き潰した全部を入れて混ぜ、缶のトマトから2さじ分、ローレルの葉、
   パプリカの粉をたっぷりどっさり振り、水を全部覆うほど入れ、塩を、物足りない時は
   スープストックで味を調えて、圧をかける。
8) 圧をかけ終わってから、最後に穴子を入れる。


・・・気づきましたか?ニンニクの数。
最初に3粒、あとから6粒、最後に1粒、計10粒・・・って一つ全部使うんですよ~(汗)
で、その量に恐れをなして、8粒くらいにしといたんですが、・・・死にました。
美味しかったけど、食べてるうちに倒れそうになってくるのっす(苦笑)
いやー、アンダルシア人は韓国人にも負けないほどニンニク食べるんじゃないだろうか。

ってことで、ニンニクの数だけ要研究なわけですが、
次に私が作る時は、最初の炒めにんにく3粒だけにしてみようと思っているのでありました。

潰すのはハンドミキサーでもいいですが、アーモンドは粒粒あるほうが美味しいと思うの。

ちなみに、日本では生のアーモンドが手に入りにくいと思いますが、結局揚げるので、市販のフライドアーモンドを茹でて皮むきしたら良いんではないかと思われます。

しかし好みで言うと、このアーモンドシチューで煮込むのは、鶏肉が好きかな。私は。
なかなか、斬新な味と遭遇できると思いますよ~っ。


して。
結局ウツボじゃなくて、「ヨーロピアンコンガー」という巨大穴子だった、このお方。
大きいと全長3m、体重110kgですって。そんなん、私の知ってる穴子じゃねぇ!と言いながらも、そうと知ったら、穴子握り作ってみようなんて野望がむくむく。
お金出して魚屋さんで買ってもいい気分になりました(笑)
[PR]
by africaespa | 2006-12-02 08:25 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa