なすクリーム

くーまが風邪っぴきだったんで、ちょっとネット離れてました。やっと復活っす。

グラナダのアルバイシンに住んでいた時、アラブ料理がとても身近でした。
レストランもお菓子屋さんも、サンドイッチ屋さんもアラブです。
道端にまでお香が漂い、水タバコを楽しむ人々で溢れ。
スパイスを買いにいくと、駆けつけミントティーを勧められなかなか家に帰れないし(笑)
お肉屋さんはお祈りを捧げたお肉と、香辛料と、大量のコリアンダーを売っていて、
ジェルバ・ブエナ(生のスペアミント)売りと道ですれ違う日々。

アラブ料理で好きなのは、クスクス、タブーリ、ボカアラベ、ケフタ、と色々あるのだけれど、
一番好きなのは「なすクリーム」です。
だいたいにおいて、おナスが大好物なので、ナスの漬け物にはじまり、焼きナスも、煮浸しも、揚げナスも、天ぷらも、カツも、田楽も好き。
でも、スペインの巨大ナスは、日本のナス料理に適してないので、やるけれど萌えない(涙)
この「なすクリーム」は、まさに巨大ナスに適した料理なので、作る気にすごーくなるのです。
レシピはアルジェリア人の旦那さんを持つ、友人スペイン人から教わりました。

巨大なす(つまり米なす)      2個
練り胡麻                大さじ1~3杯(好み)
塩  レモン汁  オリーブオイル  適当       相変わらず大ざっぱでスンマソン(笑) 

e0023086_7191635.jpg
ナスを一個か二個、オーブンに放り込んで250度で40~50分焼く。
皮を焦がしたほうが風味が出て美味しいので、ちと焦げるまで。

e0023086_7224683.jpg取りだしたら、皮に切れ目を入れて、中身と汁をスプーンですくってボールに移します。
スプーンの端を叩きつけて、ナスを切って切って切りまくるっ(笑)

ハンドミキサーにかけてもOK。
すると風味が「店」っぽくなります。
スプーンで切るほうが、口当たりがごつごつしてて
「お婆ちゃんの手作り」風に。
わたしゃ圧倒的に、スプーン派ですなぁ。

ぐちゃぐちゃとペーストらしき状態になったら、そこに練り胡麻を入れる(今回スプーン二杯。
ナスの味が消えない程度に入れるのがポイントっす)。

塩はちょっと効かせ目に。レモン汁は小さじ2分の1くらいから、味見して好みの量入れる。
そして、器に盛りつけてからEXオリーブオイルを上からかける(これ、意味は不明なんだが)
e0023086_7494073.jpg


バゲットの薄切りやピタパンにたっぷりのっけて。
超簡単なわりに、すんごい美味いし、結構お洒落なので、パーティーで作り方きかれます。
なす好きにはお勧めですよん。
[PR]
by africaespa | 2006-02-21 07:56 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa