イベリコ豚のしゃぶしゃぶ。(スペイン生活・食の三種の神器 2)

去年「その1」で卓上コンロを紹介してから、かなり間があきましたが、
なんとか「その3」まで書いて〆ないと、タイトルが泣くので頑張ります。うっすっ(笑)

やっぱりこれを買って良かった・・・と噛みしめているものに「スライサー」があります。
e0023086_250518.jpg

これ無しでも生きていけるけれど、これの恩恵はかなり大きい。
昔はかたまり肉を冷凍し、半解凍させて包丁で薄切りしていました。
かなり薄く切れるから、これですき焼きをしていたけれど、しゃぶしゃぶまではできなかった。
パパがスライサー買おうよーっと言ってましたが、私は貧乏性なのでそんな必需品でもない物を買うのが贅沢で勿体なくて、なかなか首を縦に振れませんでした。
が、妊娠して悪阻がひどくなったら、涙が出るほど恋しくなったのが「うすーいお肉」(爆)
「うすーいお肉なら食べられそうなのになぁ。。。(溜息)」
病院帰り、ふと呟いた言葉を、耳ダンボで聞き漏らさなかったパパは、いきなり方向転換して最寄りのスーパーに駆け込んで、スライサー抱えてほくほくと戻ってきたのでした(笑)
e0023086_2531154.jpg
そんなきっかけで買ったスライサーですが、買って良かったと本当に思います。
スペインで美味しい霜降り牛肉を探すのは大変だけれど、ここには「イベリコ豚」という品種改良してないというか、原始種に近い最高級黒豚があるのです。
肉の旨味が普通の豚肉と違うわけで、これで作ったハモンはやっぱりすごく旨い。
この固まりのショルダーや首部を買うと、よい具合に脂がのっていてしゃぶしゃぶしても、肉が軟らかくて「松阪牛のしゃぶしゃぶ」にひけをとらないものになるのです(喜)

e0023086_3402187.jpg以来冬には頻繁に我が家の食卓に登場ずる「イベリコ豚のしゃぶしゃぶ」。
豆腐はマラガに行かないと手に入らないのですが、突然食べたくなった時対応に、最近ではハウスの「ほんとうふ」を常備してます。
日本では見たことなかったですが、粉末になってて20分くらいで出来る。
鍋に豆腐がない侘びしさに比べたら、スーパーの安い豆腐くらいの美味しさで、崇めてます。

e0023086_341986.jpg冬には、ほうれん草か、アセルガ(たぶんケールではないかと)を一緒に入れます。
春の一時期だけ、野原にルッコラが咲き乱れるので、摘みに行ってルッコラを鍋に入れます。
ルッコラのしゃぶしゃぶは野の香りがして、我が家の春の味。
e0023086_3425235.jpg


うちの定番、ポン酢胡麻だれ。
ライムを使うと、カボスのポン酢みたいになります。
練り胡麻はアラブ街で買う「Tahine」を愛用。
e0023086_3454044.jpg

「いっただっきまーすっ!」
食べるのに夢中でしゃぶしゃぶしてる写真撮るの忘れてました・・・あしからず(笑)

そんなこって、スペインのイベリコ豚はしゃぶしゃぶにもってこいなので、
スライサーはお勧めなのですっ!


[PR]
by africaespa | 2006-01-30 03:56 | ないから作る日本の味

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa