5歳の誕生会

e0023086_3182515.jpg
さてさて、サルタリンとは、これでーすっ。
e0023086_322028.jpg
shikoさん、大当たり~っ!!ぱちぱち。
バウンシーキャッスルと言うんですかい?
もう、これ大正解ですね。子どもは大喜び。
大人そっちのけで、狂ったように2時間3時間跳び跳ね続けてくれました。
またサルタリンサービスの兄ちゃんが子どものあやし方うまくって、全部お任せっ。
e0023086_319528.jpg
で、外は兄ちゃんに任せて、私は家でタコ焼きを作り続けました~(爆)
サルタリンとくれば、たこ焼きでしょ?
なんかお祭り気分盛りあがるじゃないですかっ。丸いしソース味だし(喜)
でも、スペイン人以外はタコ食べられない人もいるので、茹でエビとチーズ&ネギにしました。
これが大うけっ。スペイン人には特にバカうけ。
今度パーティする時呼ぶからたこ焼き作ってぇと頼まれたほどだす(笑)
私、ここでタコ焼き屋やろうかな~(爆)
e0023086_3192237.jpg
立食形式にしましたが、村のスペイン人のお母さん達は慣れてない感じだったな。
異文化に接することがない人達なので、今日のパーティーを楽しみにしてくれてました。
e0023086_3194186.jpg
巻きずしも作りました。
寿司は生ものは使わず、スモークサーモンとアボカドとキャビア。
赤、緑、黒の三色巻きは、彩りも華やかでお寿司初心者にも手が出やすいのだ。
必ずベジタリアンがいるので、アボカド巻きも用意しましたが。
こっちはやっぱり外国人に大人気っ。120個があっという間だったなぁ。
e0023086_320382.jpg
くうまのクラスは国際色豊かなので、来るお母さん達ももちろん、半分は外国人勢。
イギリス人、フランス人、ドイツ人、オーストリア人、キューバ人、ポルトガル人・・・。
彼らは立食形式には慣れていて、軽いお喋りを楽しんでました。さすがだね。
e0023086_3202615.jpg
ヤラちゃんが着てる黄色いフリフリ水玉ドレスは、アンダルシアの伝統的衣装「トラヘ・ヒターナ(ジプシードレス)」です。かわいいから、やっぱり女の子は着たがるみたい。
e0023086_3205325.jpg
たこ焼き作ってる間に、何十分かに一回子どもが泣くので(だいたい、サルタリンではしゃぎすぎてぶつかったとか、下敷きになったとか・・・)慰めたり、あぶれている人と話したり。
私が、落ち着いて一人とじっくり話してる集中力がもてない分、パパがのんびりお喋りを楽しんでくれていたので、安心しました。
ホスト役は、一人はどっしり構えてないとね。
しかし、ケーキを切る時は、二人とも大忙しで写真撮ってる余裕なかったの。
巨大ケーキだったから、見せたかったんだけどなぁ(残念)
e0023086_3211848.jpg
くうまはもちろん大喜びでした。
自分のためにたくさんの友達が来てくれるなんて、本当に嬉しいもんね。
今まで、「誕生日」と「クリスマス」が同じくらい嬉しかったくうまですが、
今回で相当「誕生日」のポイントアップ(笑)
翌日は、なんと!お箸(矯正箸だけど)でのご飯の食べ方が上手になってました(驚)
お兄さんになった自覚って、すごいっ(じゃ、今までは甘えてたってこと??)
そして、一番したいことは、料理なんだそうで。5歳の抱負ってやつ?(爆)
e0023086_3222084.jpg

ってことで、子どものパーティーに、サルタリン、お勧めです~。
そしてみんな、「すごい楽しかった」って帰っていってくれて、嬉しかったぁ(安堵)
くうまも、みんなといっそう仲良くなることだろうしね。

とはいえ、本日日曜日は、燃え尽きておりました(力石徹な気分・・・)


[PR]
by africaespa | 2005-11-14 07:52 | くーまの宝箱

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaespa